« 夏の学校(3日目) | トップページ | 山の家の子どもたち »

2010.05.07

山小屋

GW中に壁の塗装と屋根の張替え工事を行いました。(その報告は後日)
いっしょに参加した5年生の女の子のお母さんから感動的な感想をいただきましたので紹介します。

1273240845_dsc0058

連休中は山小屋生活で大変お世話になりました ちょっと日に焼けスッキリさっぱり顔で帰宅し 先ず第一声は「絶対また行く スッゴい楽しかった」と。親たちはもっともっと話をききたいと思うのですが眠い…と寝てしまいました。翌日以降宿題の日記に書いたり話したりする中から、鹿の群れ?に会ったこと 星が綺麗だったこと 延命水を汲むのに忙しかった?こと 籠しょってヨモギなどとりお餅にして食べたことなどを楽しく話ききました。テントに寝袋も薪に火をつけるのもどれもこれも初めての体験で 本当に素晴らしい機会にお声かけ頂いたこと心より感謝です(>人<)我が家は一人っ子だし、仲間とみんなで自然の中でワイワイ過ごせたのは何より本当に楽しかったようです。貴重な体験本当にありがとうございました。(YUI MAM)

1273240845_dsc0109

« 夏の学校(3日目) | トップページ | 山の家の子どもたち »

コメント

写真upありがとうございます。
仲本さんが作ってくれた参加者名簿で修繕ツアー7日間の延べ人数を調べたら83人でした。
23年前建設当時の写真を見ながら、今回もみんなのパワー衰えず頑張ったなと当時の回想とともに感慨深い思いそしてこのツアーに参加できてよかったなと思います。
今回中学3年生が母親と参加して、途中で母親が帰っても自分から最後まで残って大人たちと作業に参加してくれたことがうれしく思いました。
「中学生が自分で考えて行動する。そして時には背中を少し押してくれる大人がいる、ここが少年少女センターの活動の魅力だと改めて思いました。」と帰った後にこの子の所属する町田センターの方から感想のメールが寄せられました。
これからもこの山の家がそんな素敵なドラマ?を産んでくれる場所になればと思います。

子供たちが元気に自然と触れ合える場が持ててよかったですね(^^) 
あふれるような子供たちの歓声の中で山の家の修繕にかかわれて本当にこの活動が素晴らしいものだと感動しながら釘打ちをしていました!
ぜひぜひまたこの施設を利用して欲しいし、みんなにも広げてほしいと思います。
修繕の打ち合わせに訪れたときの高遠の見事な桜色の春が忘れられません。秋の紅葉も素敵ですよね!
まだまだ修繕続きますが頑張りますよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の学校(3日目) | トップページ | 山の家の子どもたち »