« 2014年6月 | トップページ | 2015年5月 »

2014年11月

2014.11.09

【山の家の冬支度】

【山の家の冬支度】
小学生3人を乗せ、行きは高速に乗ったとたんにまさかの事故渋滞。調布でMさんをひろってから山の家到着は深夜になりました。
到着時の気温は3℃。子どもたちは布団の上で寝袋に入り、さらにその上に毛布をかけたので、朝までぐっすり寝ていました。
起床~朝ご飯はホットケーキ~はじめてホットケーキをひっくり返したというYちゃん。
その後、部屋の掃除をしてから「探検」。おめあての山梨が見つからなかったけど、大きな岩がごろごろしている急な沢を登り、落ち葉が積もった急斜面を滑り降りの大冒険で満足!ズボンのお尻は真っ黒け!
お昼ごはんは、ナポリタン。トマトを刻んだり、鶏肉を刻んだり、がんばりました。味は?…最高!だったそうです。
愛知から来た小6のさきちゃんと、中2のみっくんそしてパパママも合流。すぐに意気投合していました。
炊事場の屋根にたまった落ち葉を掃除したり、栗の木に栄養をあたえるコンポスト置き場を掘ったり、「しごと」も楽しくがんばりました。「腰が痛くなったからマッサージして!」のおまけもあったけど。
一輪車で「延命水」を汲みに行き、校庭でひとしきり遊んだあとは、夕ごはんづくり。
イノシシ、鳥、豚の3種の肉が入った味噌ベースのお鍋。隠し味のチーズが絶妙で、大なべいっぱいの料理もみるみる無くなっていきました。
きもだめし、お風呂~~とすすんで2泊目の「おやすみなさい」
3日目、朝ご飯をのんびり食べていたらポツポツと雨。荷物を片付け、「火あそび」と称してごみ焼きをし、記念撮影をして東京へ。
天気が良ければ、10キロのサイクリングコースをユニランする予定でしたが、雨で断念。まっすぐにもどることにしました。
渋滞もなく、スムーズに東京へ。紅葉の山の景色がまったく見えない東京の町にちょっと残念な気持ち。自然のない東京の町よりもカメムシがいても、思い切りはしゃいだり、思ったことをやってみることのできる自然がある山がいいな~と再認識。今日の子どもたちは、雨と車の中でエネルギー発散不足で、車中で大暴れして、何回も叱られましたとさ!(+o+)
以上、3日間の報告でした!

晩秋の山の家の子どもたち

かつては小学校の分校だった山の家には子どもたちの姿が似合います。

晩秋の山の家の風景

黄金色の銀杏の葉が、風に吹かれて乱舞します。

« 2014年6月 | トップページ | 2015年5月 »