カテゴリー「南アルプスの動物」の記事

2007.04.30

サワガニ発見!

三峰川の水遊び場を訪ねていいったところ、サワガニを発見!

Img_5495

トンビとカラスの空中戦

三峰川の川原を歩いていたときのこと。1羽のトンビが目の前を横切りました。
「これは!」と思ってカメラを構えたら、2羽のカラスがトンビに向かって急上昇!
カラスの縄張りに入ったのか、トンビを執拗に攻撃。戦うのかな?と思ったら、トンビはカラスの攻撃をかわしながら、反対岸の森の方に飛んでいきました。

Img_5471

Img_5473 

鹿の食害

冬の間、緑の草が少なくなるので、柔らかい木の皮をはいで食べてしまいます。
林の中に入ると、鹿に皮を剥かれた若木が痛々しく無数に立っています。
皮を剥かれてしまうと、木は、生き残ることができません。

Img_5334

増えている野生動物

他の山間地同様、山の家のまわりでも、野生動物が増えています。
鹿・イノシシ・猿が人家の周りでもよく見られるようになりました。
また、昨年秋にはツキノワグマも人里に下りてきていることが確認されています。

▽校庭のイノシシの糞
Img_5330

▽校庭の鹿の糞
Img_5332

2006.01.03

リスの餌場?

林の中の木の下に大量のドングリが集められていました。リス?ネズミ?の餌場でしょうか?

山の家の周辺では朝早く散歩をすると木の枝を渡っていくリスの姿をよく目撃します。とてもすばしこく動くのと、小さいのとでなかなかカメラに収めたことはありません。

耳がピンと立って毛がふさふさしていて、けっこう大ぶりでエゾリスのように見えるのですが、本州なので「ホンドリス」でしょうか?

ちなみに、検索エンジンで「長谷村 リス」を調べたら、リスの話はほとんどひっかからずに「長谷村・・・リストラ・・・」がたくさん出てきました。

過疎の地域に動物が増えています。「自然と人間の共生」「ゆたかなくらし」のありようを考えさせられます。

ネズミは「ヒメネズミ」がたくさんいます。ほとんど使用していない教員住宅は、人がいない間、ネズミの運動場になっているようです。

一度、管理棟にも1匹入り込んでいました。家ネズミと違って野ネズミはとってもかわいらしくて愛嬌があります。殺すのはかわいそうだったので、建物からずっと離れた場所に放してやりました。

risu

2006.01.02

コゲラ

木の幹をすばやく動き回っていた小さな鳥、よく見るとキツツキでした。図鑑で調べたら「コゲラ」のようです。時にはさかさまになったり、木の幹の周りをくるくる回ったり、えさ探しに夢中になっていたのか、写真をとるために近づいても逃げませんでした。

kitutuki

エゾハルゼミ

6月、南アルプスのブナ林の中で鳴いているセミに出会いました。距離が遠かったので、写真には写りきれていませんが、透明な羽、赤茶っぽい胴をした小柄なセミでした。鳴き方はなんと表現したらいいのかわかりませんが、最初はヒグラシかな?と感じるような鳴き方でした。物の本には「ミョーキン、ミョーキン、ミョーキン、ミョーケケケケケケ・・・」と鳴くと書いてありましたが、とてもそんな風に聞こえたとは言えません。今度改めてじっくり聞いて鳴き方を説明できるようにしたいと思います。

harusemi

地蔵岳の登山口で見つけた熊の爪あと。写真ではわかりませんが、木の幹に熊の毛がびっしりとついていました。

kuma2

▼こちらは、そばにあった糞。おそらく熊のもの?!

kuma1

南アルプスにはツキノワグマが数多く生息しているようです。地元の養蜂家の飼っている蜂の巣箱を荒らして蜂蜜をとった跡を見ましたが、巣箱を運んでがけ下に落とし、箱を壊してから中の蜂蜜をねらったとのこと。とても頭がいいようです。

まだ実物とご対面したことはありません・・・。

2005.05.08

イモリ発見!

水をはったばかりの田んぼの中になにやらうごめくものが・・・よく見るとイモリでした。都会の若者はイモリを見たことがほとんどないのか「ヤモリだ!」と叫んでいました。イモリは通称「アカハラ」おなかが真っ赤なのでついた名前だそうです。これを囲炉裏の上で乾燥させたものは薬として使われていたようです。

こちらはゲンゴロウ。ちょこまかと動き回るのでなかなか写真に収まってくれません。

2005.05.02

鹿の骨

山の中や川原を歩いていると、鹿の亡骸に出会うことがよくある。山の家ではたいせつな学習資料として保管・展示している。

▼鹿の頭骨
鹿の角は、木にこすり付けられたりして自然に落ちることもあるが、この頭骨は角を切り取ったようなあとがある。密漁なのか?毛皮をはがし、足など不要な部分を投げ捨ててある現場に行き当たったこともある。

IMG_01380016

▼鹿の下あごの骨
草食動物の歯のようすがよく観察できる。

IMG_01390017

▼背骨

IMG_01400018

▼足の骨

IMG_01410019

▼地面に残っていた鹿の足跡のレプリカをとった。足跡に底を抜いた空き缶をかぶせ、石膏を流し込んで型をとり、その型に歯医者さんでも使うシリコンを流し込むと足跡の形の凹型ができる。

IMG_01420020